マンションってどうよ?新築マンション購入のお悩みに100人の専門家がお答え!関西圏新築分譲マンションのほとんどを網羅。

 関西圏の新築分譲マンション情報

マンションってどうよ?関東版はこちら  |  初めての方へ  |  サイトマップ
ホーム 専門家に聞く! 住宅ローン 希望物件を探す クチコミ情報 四天王コラム 用語集 みんなの広場
ホーム > ニュースリリース
ニュースリリース

報道関係者各位
NO−04−09

平成16年12月18日
特定非営利活動法人 住宅情報ネットワーク
〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4丁目4番14-1001号

消費者は、現状のマンション販売に不信感を持っている!

「こんなモデルルームは、嫌だ!」モデルルームや販売手法に不満いっぱい!

(NPO法人住宅情報ネットワーク アンケート結果より)

「マンションってどうよ?」    http://www.m-douyo.jp

マンションモデルルームでの不愉快ベスト10

「モデルルームでの不便・不愉快・怒りを教えてください。複数回答」という問いに対する回答です。

1位  モデルルームはオプションが多すぎて現実的ではない(48.1%)

2位  モデルルームでいきなりアンケートを書かされる(38.5%)

3位  マンションの売れ行き(展示してあるパネルのバラ)が本当かどうかわからない(34.6%)

4位  モデルルームは豪華なインテリアで飾られ、演出しすぎ(31.7%)

5位  営業マンが知識不足で信頼できない(30.8%)

6位  実物を見られない(29.8%)

7位  モデルルームが1タイプしかない(26.9%)

7位  モデルルームを設計変更していてイメージがつかめない(26.9%)

9位  1期・2期など期分け分譲の場合、全体価格がわからない(24.0%)

10位 モデルルームは特殊タイプ(供給の少ないタイプ)で検討タイプと違う(20.2%)

10位 必ず営業マンがマンツーマンでつき、自由に見られない(20.2%)

  • 消費者は、オプション満載、華美な演出、設計変更されたモデルルームに不満を抱いています。一生に一度の買い物に非現実的な「サンプル」を見せられ、実際のイメージがつかめません。
  • また、高価な買い物をするにあたり、良きアドバイザーとなるべき営業マンの知識のなさや、売れ行きに対するに不信感が目立ちます。不動産営業も消費者の変化に伴い是正する必要を感じます。

■     モデルルームで消費者が最も知りたいことベスト3

1位  価格(50.0%)

2位  仕様設備(41.5%)

3位  間取り(34.0%)

  • マンション販売の現場では仕様設備はモデルルームを見せ詳細な説明はありません。間取りは図面を見たらわかるでしょ、というスタンスです。商談では資金的な話になりがちです。
  • しかし、消費者は商品に対する詳細な説明を求めています。

■     アンケート概要

  • アンケートは、「マンションってどうよ?(月間50万PV)」というホームページを通じて行いました。http://www.m-douyo.jp/ 
  • 「こんなモデルルームは、嫌だ!」 2004年11月5日〜12月4日(1ケ月間)
  • 回答者の属性は、男性・女性がほぼ半数で、既婚者74%、20代15% 30代52% 40代24%

※NPO法人住宅情報ネットワークは、マンション購入予定者が望む住環境を、最もよく知る団体です。

このプレスリリースに関するお問い合わせは下記まで

特定非営利活動法人 住宅情報ネットワーク  理事長 今村 仁
TEL.06-6251-1346  FAX.06-6251-1347  E-MAIL imamura@m-douyo.jp

ページの先頭へ
ご利用に当たってのお願い | 免責事項・著作権 | 運営者の日記 | メルマガ | クレーム宅配便 | プレミアムサービス | マスコミ掲載履歴
ニュースリリース | コラム執筆実績 | 専門家ブログ集 | ご協力頂いてる専門家の方々 | 専門家募集 | NPO法人とは? | 運営者情報
プライバシーポリシー | リンク集 | 広告掲載 | お問い合わせ | 一戸建て住宅
NPO法人住宅情報ネットワーク マショラーとデベロッパーの橋渡し、それが我々の使命!

Copyright © 2004 特定非営利活動法人 住宅情報ネットワーク All right reserved