マンションってどうよ?新築マンション購入のお悩みに100人の専門家がお答え!関西圏新築分譲マンションのほとんどを網羅。

 関西圏の新築分譲マンション情報

マンションってどうよ?関東版はこちら  |  初めての方へ  |  サイトマップ
ホーム 専門家に聞く! 住宅ローン 希望物件を探す クチコミ情報 四天王コラム 用語集 みんなの広場
ホーム > ニュースリリース
ニュースリリース

報道関係者各位
NO−08−03

平成20年9月25日
特定非営利活動法人 住宅情報ネットワーク
〒532-0011大阪市淀川区西中島5丁目11番9号 新大阪中里ビル11F

新築マンションの適正価格は近畿圏2,794万円、関東圏3,522万円

現状の販売価格と20〜30%の乖離

「あなたが今、マンションを買わない理由を教えて下さい」(特定非営利活動法人住宅情報ネットワーク ユーザーアンケート結果より)
「マンションってどうよ?」    http://www.m-douyo.jp/

2007年前半まで好調だった新築マンション市況は一変し、現在は、供給減、契約率の低下などマンションの販売現場は苦戦を強いられています。その原因の一つはマンション用地価格の上昇や建築費の高騰に伴う販売価格上昇の結果、ユーザーの購入マインドが減退したことが挙げられます。当法人は、現在市場に供給されている新築マンションの販売価格とユーザーの希望する価格との乖離、また、今マンションを購入しない他の要因に関して調査しました。

90%以上がマンション価格の高騰により購入を躊躇
(設問:マンション購入を躊躇している理由)
回答者の93.1%が「現在のマンション価格が高いから」と回答しました。次点は「希望に合うマンションがないから」で43.1%。「マンション業界への不安や不信感」「デベロッパーや営業担当者への不安や不信感」もそれぞれ19%を占め、販売価格やセールスに関する批判の声も相当数ありました。

■現在の価格が20%下がれば購入するがトップ
(設問:マンション価格がどのくらい下がれば購入するか)
最も多かった回答は「20%」、次いで「30%」「10%」でした。近畿圏より関東圏の方がより多くの価格ダウンを希望するユーザーが多く、市場価格との価格乖離は大きくなりました。

■購入希望金額は 近畿圏が2,794万円 関東圏が3,522万円
(自己資金額、住宅ローン返済希望額、希望返済年数より算出)
全体では「2,500万円以上3,000万円未満」が最も多く、次いで「2,000万円以上2,500万円未満」「3,000万円以上3,500万円未満」、購入希望価格の平均価格は2,994万円という結果でした。近畿圏の購入希望価格は全体より200万円低い2,794万円でした。関東圏の購入希望価格は高額で3,522万円となり、現在供給されている販売価格との乖離は20〜30%という結果となりました。

■アンケート概要
・アンケートは、マンションユーザーに特化したサイト「マンションってどうよ?」を通じて行いました。
・「あなたが今、マンションを買わない理由を教えて下さい」 2008年7月18日〜9月18日 取得サンプル数:216件
・回答者の属性は近畿圏在住104件、関東圏在住74件。2エリアで全体の80%を超えました。

このプレスリリースに関するお問い合わせは下記まで

特定非営利活動法人 住宅情報ネットワーク  理事長 荻野 重人
TEL.06-6304-8833  FAX.06-6304-8832  E-MAIL ogino@m-douyo.jp

ページの先頭へ
ご利用に当たってのお願い | 免責事項・著作権 | 運営者の日記 | メルマガ | クレーム宅配便 | プレミアムサービス | マスコミ掲載履歴
ニュースリリース | コラム執筆実績 | 専門家ブログ集 | ご協力頂いてる専門家の方々 | 専門家募集 | NPO法人とは? | 運営者情報
プライバシーポリシー | リンク集 | 広告掲載 | お問い合わせ | 一戸建て住宅
NPO法人住宅情報ネットワーク マショラーとデベロッパーの橋渡し、それが我々の使命!

Copyright © 2004 特定非営利活動法人 住宅情報ネットワーク All right reserved